女性の薄毛の原因の一つとして紫外線があります。紫外線が強くなる時期はいつだと思いますか?大半の人が、夏だと答えると思うのですが、実際は 5月位から紫外線はとても強く降り注いでいるので注意が必要です。

自分の薄毛具合を確認させてくれている女性のイメージ

春でも紫外線がとても強いので、頭皮もケアをしておかないと薄毛の原因になってしまうのです。知らないあいだに紫外線に頭皮をやられている可能性があるのです。

顔や肌には紫外線防止のために日焼け止めを塗っているという人は多いですが頭皮に何かケアをしているという人は意外と少ないでしょう。

しかし日光が一番体の中で当たる場所といえば、実は頭皮ではないでしょうか。頭のてっぺんが一番紫外線を浴びやすいですよね。

しかし頭皮のケアをしているという人は実は少ないのです。頭皮は髪の毛にかぶさっているので紫外線の影響はほとんどうけません。

これは当然のことなのですが、注意してもらいたいのは被さっていればの話です。薄毛で頭皮が見えている人はどうでしょうか。

そのまま紫外線にさらされている状態になりますので、皮膚は丸出しと言えるでしょう。そのためにどうしても紫外線にさらされた肌はさらに頭皮が悪化して薄毛の原因につながってしまうのです。

特に注意したいところは分け目です。分け目は誰でも頭皮に覆われていませんから紫外線を浴び続けています。長時間紫外線を浴び続けていると毎日同じ部分に分け目がありますので、その結果頭皮に負担をかけてしまっているのです。

ですから注意が必要でしょう。頭皮用の紫外線カットのケア用品もありますので選びましょう。もし自分でケアする自信がない、どうすればいいのかわからない人は、専門外来やクリニックもあるので、そちらへ行ってみることも改善の第一歩となります。