自分の頭皮にあっていないシャンプーを使うことは、薄毛の原因のひとつになります。そこで、頭皮に合わせたシャンプーの選び方と、正しい洗髪のやり方を紹介します。

笑顔の女性看護師と話をする女性

「頭皮のタイプにあわせて選ぼう」

自分の頭皮のタイプを知っていますか?お肌と頭皮のタイプは同じものなので、ニキビができやすいオイリー肌の人だったら、オイリー肌向けのシャンプーを選んで下さい。

・オイリー肌の人は、しっかりとした泡立ちと洗浄力のある高級アルコール系シャンプーが良いでしょう。
表示ラベルにラウレス硫酸やラウリル硫酸と書かれている商品のことです。

・敏感肌の人は、人間の皮膚と同じ弱酸性系・アミノ酸系のシャンプーなら頭皮への刺激を軽減できます。
表示ラベルにコカミドやココイルと書いてある商品のことです。

・頭皮に湿疹などができている人は、合成界面活性剤の入ったシャンプーは刺激が強いので避けましょう。
無添加のものや医薬部外品のもの、敏感肌タイプと同じように弱酸性やアミノ酸のものを選んで下さい。

「正しい洗い方」

朝、洗髪をしている人もいるかと思いますが、洗髪するのは夜がおススメです。髪が作られるのは、成長ホルモンの働きが活発になる夜10から2時です。

夜、洗髪をしておけば、10時から2時に清潔な頭皮にしておくことができます。

  1. よくブラッシングをしてゴミやホコリを落としておきましょう。
  2. シャンプーをつける前にしっかりお湯でぬらします。シャンプーをよく泡立てたら髪ではなく頭皮を洗って下さい。
  3. ニオイは襟足あたりから分泌されるので、念入りに洗いましょう。そのあと頭全体を洗います。
  4. 薄毛や脱毛につながるので、シャンプーが残らないよう洗い流します。襟足と耳の後ろは流し残しやすいので注意して下さい。
  5. タオルで拭くときは、髪を傷めてしまうためゴシゴシ拭いてはいけません。ぬれたままにしておくと、頭皮の血行が悪くなったり雑菌が繁殖したりして薄毛や抜け毛につながります。ドライヤーである程度乾かしたあとは自然乾燥させましょう。
  6. 育毛剤を使うのは、頭皮が清潔で柔らかくなっているタイミングがベスト。擦るのではなく優しくマッサージするようにします。

その洗い方、薄毛の原因かも?シャンプーの選び方と正しい洗い方。